収入を増やさずワーキングホリデーの資金を集める方法

Blog

みなさんこんにちは!
Passing NoteのWataruです。

私が、イギリスのワーキングホリデー(以下、ワーホリ)をしたときは、1ポンド125円ほどで、それ以前の1ポンド250円前後の時代と比べて圧倒的に安く、行きやすくなっていました。

でも、アメリカやカナダ、オーストラリアなどと比べて現地の物価が高いため、資金集めはかなり苦労しました。

ワーホリをするときには、お金持ちではない限り、多くの人が事前に計画を立てて資金を貯金をしていくと思うのですが、効率的に稼ぎたいと思っても、なかなか給料の良い仕事に転職するわけにはいきませんよね。

そこで今回は私が実践した「少しだけ生活に変化をつけるだけで、収入を増やすことなく効率的にワーホリの資金を貯める方法」を紹介していきます!

 

ワーホリの資金のために、格安SIMに乗り換えを!

まずは生活費の中から無駄なものを省くことにしました。それまでは大手キャリアのスマートフォンを使っていて、1か月8000円〜9000円ほど払っていたのですが、格安SIMカード会社に乗り換えました。

格安SIMカードは今使っているスマホのSIMカードを入れ替えるだけなので、新しくスマホを買う必要もありませんし、導入コストもかかりません。

私は、音声通話とデータ通信が使える「OCNモバイルONE」の【音声対応SIM】にしました。このプランではデータ通信が毎月1GB分使えて税込1,180円。それ以上のデータ容量がほしいという人には、月額料金が少し上がりますが、ほかにもプランがあります。

1GB使い切ったあとでも、通信速度は低速ながら、LINE(チャット・音声通話)の使用やニュースサイトの閲覧などは問題なくできました。

また、「OCNモバイルONE」は「クレジットカード払い」でデビットカードが選択できるほか、「口座振替」もできることが良いところです。

「格安SIMに乗り換える」だけでも、毎月6,000円〜7000円ほど節約になりました。

OCN モバイル ONE


それでも外出時などでデータ通信容量を気にせずに使いたいという人には、無料で近くのWi-Fiに接続するアプリ「タウンWiFi by GMO」があります。

通信を自動的に暗号化するので安心・安全に利用できることと、遅くて使いづらいWi-Fiには接続しない機能も搭載。格安SIMのデータ通信容量を気にせずに、外出時も自由にサイトの閲覧や動画の視聴などができるようになります。

アプリのダウンロードももちろん無料なのでスマートフォンやタブレットなどに是非入れてみてください。

【タウンWiFi by GMO】for android

オンライン英会話サービス1択、交通費&授業料を節約

ワーホリの前にある程度は、英語を学習して行く人が多いと思います。

英会話教室などに通うことがあるかもしれませんが、あまりおすすめしません。

移動する時間・交通費、授業料がもったいないからです。

オンライン英会話なら自分のやる気のあるときにレッスンがうけられ、教室に通う時間や交通費の節約にもつながります。

教室やコースも様々なので一概には言えませんが、英会話教室の授業料は1か月あたり15,000円から30,000円程度。それに入学金が数千円〜数万円も加わるほか、通う分だけ往復の交通費がかかります。

でも、オンライン英会話なら入学金もなく、1か月の授業料も大きく抑えることができます。

オンライン英会話で特におすすめなのが、「DMM英会話」です。

色々な特徴やメリットのあるオンライン英会話サービスなのですが、幾つかに絞って紹介します。

・1日25分の英会話レッスンが、「毎日」受けられて税込6,480円/月(今なら初月50%オフの税込み3,240円/月)

・入会金や教材費は0円、全教材が無料で使えます。
【良いポイント】→独学のために別途教材を買う必要がなく、DMM英会話に入会するだけで、独学のときでも使える教材や環境が整う。

・24時間365日勉強可能。
【良いポイント】→教室に通う必要がなく、社会人・学生でも柔軟にスケジュールが組める。

・1か月単位で退会や再入会が可能で費用も0円。
【良いポイント】→退会費用などが発生せずに、辞めたいときに辞められる。

・独自開発の英語学習アプリが無料
【良いポイント】→TOEICやビジネス会話など、様々な種類の英語が外出時などにも学べる。

・1回25分の無料体験レッスンを2回受講可能
【良いポイント】→無料体験を受けて自分の学習方法などに合うか合わないかの確認ができる。

といった感じに、1つのサービスで全てが揃っているワンストップのオンライン英会話になっています。

DMM英会話を利用すれば英会話教室と比べると毎月10,000円〜25,000円ほど節約できることになります。

DMM英会話

ここまでで、既に毎月16,000円〜32,000円ほど節約できていますよね!

これを1年間(12か月)続けるだけでも結構まとまったお金が貯まります。
それに加えて学生の人は毎月のバイト代、社会人の人は給料からワーホリの資金として貯金すれば、かなりの額が貯まります。

 

ワーホリの資金のために宅配買取で不用品を売る!

ワーホリをする人は、1年〜2年ほど海外で生活することになると思います。

そのため、ワーホリで新しい生活を始める前に不用品を売ってしまうと良いです。

私も本やCDなど娯楽用品に加え、ドライヤーなどの生活用品を売って、それで得たお金を資金にしていました。

でも多くのものを買取ショップなどに持ち込むのも面倒だし、オークションやフリマアプリで売るのも手続きやトラブルなどが心配・・・という人には、「リコマース宅配買取サービス」がおすすめです。

1.Amazon(アマゾン)のアカウントでログイン
2.売りたいものを箱に詰める(無料のダンボールももらえる)
3.配送業者が無料で集荷にくるので渡すだけ
4.査定金額はAmazonギフト券で受け取り

とたったの4ステップで不用品を売ることができます。

査定金額がAmazonギフト券での受け取りになりますが、それを使ってAmazonでワーホリに必要なものが購入できるので、結果節約にもつながります。

Amazonアカウントで簡単申込【リコマース宅配買取サービス】
 

最後に!一部の人向けワーホリの資金の最終節約法

最後となりますが、ワーキングホリデーのエージェントなどに依頼して、ビザや航空券の予約、ホームステイ先の選定などを一括で行ってもらっている人もいるかと思います。

そういった人は、おそらくビザやホームステイ先の確保を自身でされるのは難しいのかもしれませんが、航空券だけなら簡単なので自身で購入が可能です。

エージェント・サービスを利用した知人の中で、「航空券手配」を自身で行い、その分の手配料金・航空券代金を値引きしてもらった人が何人かいました。

同じ時期にエージェントを介してワーホリをする人と、現地でオリエンテーションなどがあると、日時を合わせて航空券を購入しないといけませんが、自身でその指定の時間に到着できるように購入すれば良いだけなのです。

航空券をより安く購入する方法はこちらのブログで紹介しています↓

海外航空券を安く買う方法!おすすめ検索サイトを紹介!
海外旅行や留学、ワーキングホリデー、海外赴任、海外出張など、海外に行くときにすることは海外航空券の購入ですよね。でも海外航空券の検索サイト・購入サイトがいくつもあり、どこで購入したら良いのか分からない人もいると思います。 今回は、どの海外航空券検索サイトを使うと良いのか、そして安く買うおすすめの方法を紹介していきます。

自身で購入したほうが納得のいく形で、更に安く購入できる可能性があるため是非交渉してみてください。

素晴らしいワーホリ経験ができることを祈っています!

それでは、À bientôt!!!

フランス(海外)に持っていくべきもの、経験をもとに紹介
現在はフランス在住ですが、その前から何度も飛行機に乗って各国に行った私がフランスを含めて海外に持っていくべきものを紹介します。 中には意外なものも混じっているかもしれないので、海外旅行・留学・ワーキングホリデー海外移住・海外転勤・海外赴任などされる方は是非確認してみてください!

https://passing-note.com/cloud-wifi

 

SNSでシェアする
タイトルとURLをコピーしました