海外で日本のアプリがダウンロードできない場合の対処方法

Blog

みなさんこんにちは!
Passing NoteのWataruです。

海外旅行や留学、ワーキングホリデー、海外出張、海外赴任などなど、短期間や長期間で海外に行かれる方は多くいると思います。

そこで日本のアプリが「ダウンロードできない」や、「アップデート(更新)できない」ってことはよくあります。

海外で日本のアプリをダウンロードしようとすると、幾つかは「このアイテムはお住まいの国でご利用いただけません」という表示がでて、ダウンロードできなかったり、全く使えなくなったりするのです。↓

海外で使っているインターネットなどのIPアドレスが、日本のものと異なるため弾かれてしまっているのです。

今回は、海外で日本のアプリが「ダウンロードできない」&「アップデートできない」場合の対処法を紹介していきます。

使っているスマートフォンがiPhone/iPadだよ!という方は以下の記事をご参照ください。

【簡単】海外でiPhone/iPadに日本のアプリをダウンロードする方法
実は少しだけ設定などをすればAndroid(アンドロイド)・iOS(アイオーエス)ともに、海外にいながら日本のアプリがダウンロードできます。 海外でAndroidのスマートフォンを使って日本のアプリをダウンロードする方法は以前紹介したので、今回はiOSのiPhone/iPadでどう設定したら良いのか解説していきます!

まずは海外でもアプリがダウンロードできるようにスマホの設定を

Android(アンドロイド)のスマートフォンの場合、初期設定で「提供元不明のアプリ」の許可にチェックが入っておらず、未許可の状態になっています。

そのため、Android(アンドロイド)のバージョン別に以下の設定をまず最初にする必要があります。

Android(アンドロイド)バージョン8.0以降以上
「設定」 ⇒ 「アプリと通知」 ⇒  「特別なアプリアクセス」 ⇒ 「不明なアプリのインストール」 ⇒ アプリ毎に「許可」のチェックボックスにチェックを入れます。
Android(アンドロイド)バージョン4.0から7.1まで
「セキュリティ」 ⇒ 「提供元不明のアプリ」にチェックを入れます。
Android(アンドロイド)バージョン2.0〜
「アプリケーション」 ⇒ 「提供元不明のアプリ」にチェックを入れます。

Google Playからダウンロードができないので、海外ではアプリを別ルートでダウンロードをしていきます。

そのためダウンロードをしようとすると、同じ日本のアプリでも「提供元不明のアプリ」となるわけですね。

海外から日本のアプリをダウンロードするには「APKPure」!

私が試した中で最も簡単だったのが、APKがダウンロードできて、そのままスマホにアプリをダウンロードできるサイトAPKPure」の利用です。

「APK」とは、Googleによって開発されたAndroid専用ソフトウェアパッケージのファイルフォーマットである。 JARファイルをベースとしたZIP形式で、アーカイブファイルの一種である。
(ウィキペディアより引用)

ここでは先程の画像で例に挙げた「星のドラゴンクエスト」のダウンロード方法を説明していきます。
まず、このサイトでダウンロードしたいアプリを検索してAPKをダウンロードします。↓

それから、ダウンロードしたAPKファイルをタップするとインストールが始まります。↓

インストールが完了すると、以下の表示がでますので「開く」を押せばアプリが起動します。↓

もちろん、ホーム画面にあるアプリのアイコンをタップしても起動が可能です。

海外から日本のアプリの「アップデートができない場合」は?

各種アプリは、既に日本でダウンロードして海外に行ったときなどに、アプリのアップデート(更新)があると、その新しいバージョンをインストールしなくてはならない場合があります。↓

通常、アプリからGoogle Play(グーグルプレイ)に移動して、新しいバージョンをインストールすることになりますが、ここでも「このアイテムはお住まいの国でご利用いただけません」と表示されて、アプリが使えなくなります。

しかしこの場合でも、上記の方法で新しいバージョンのAPKをダウンロード&インストールすることで、海外から日本のアプリの「アップデート」ができます。

これで、海外で途中まで使えていた日本のアプリが、アップデートされたことで急に使えなくなる事態を防ぐことができます。

海外からアプリをダウンロードするには「APK downloader」もアリ!

海外から日本のアプリをダウンロードする方法は、「APKPure」の利用以外にも、「APK downloader」というのもあります。

このサイトにサクセスすると以下のような画面が表示されますので、“Generate Download Link”の部分に、.apkファイルをダウンロードしたいアプリのURLを入力します。
URLを表示させるには、GooglePlay(グーグルプレイ)のページをブラウザで開くことで可能です。
そうすることで、「Click here to download〜」という表示がされますので、そこをタップして、.apkファイルをダウンロードし、スマホにインストールするという流れです。

アプリ自体がスマホのバージョンに対応しているかの確認を

これらの作業をしても、アプリ自体がスマホのAndroidのバージョンに対応していない場合は、インストールしても起動しなかったり、インストール自体ができなかったりします。

GooglePlay(グーグルプレイ)でアプリを検索して、そのバージョンに対応していないと、ダウンロードする際に、「お使いの端末はこのバージョンに対応していません」と表示されます。

そういった場合は、海外でAPKをダウンロードしたとしても、日本国内同様にアプリを起動させることができませんので、予め確認しておくと良いです。

GooglePlay(グーグルプレイ)のアプリのダウンロード画面、若しくはアプリの公式ホームページなどで確認が可能です。

海外でスマホを購入すると、日本よりも端末が高くなったり、スペックが悪いものも多いので、可能であれば出国前に、自身がよく使うアプリに合ったスペックのスマホの購入をおすすめします。

以下、おすすめのスマホ購入サイトで、SIMフリーのスマートフォンやタブレットなどが多数揃っていますので、是非チェックしてみてください!

日本人スタッフ対応の安心海外通販。【Etoren.com】

また、Amazon(アマゾン ジャパン)でも様々なSIMフリースマホやタブレットを取り扱っています。

⇒ Amazon(アマゾン ジャパン)

最後に

APKを「無断でダウンロードして大丈夫なの?」と思う方もいるかもしれませんが、基本的に無料のアプリに関して自分でダウンロードして使用する分には問題ありません

しかし一方で、有料アプリを無料でダウンロードすることは違法となります。

そういった意味でも、私が確認した限りでは「APKPure」は無料アプリのみAPKをダウンロード可能。「APK downloader」も無料アプリのみ、URLを入力してダウンロードが可能となっていますので安心して利用できます。

ただし、このAPKファイルを用いる場合は、日本のアプリを海外でダウンロードするときでも、日本でダウンロードするときでも、Google Play(グーグルプレイ)を介していないため、自己責任で試してみてください。

あとはVPNサービスで日本のIPアドレスを使ってアプリをスムーズにダウンロードする方法もあります。↓

海外で日本のVODをみるならVPNの導入を!おすすめVPNも紹介
日本のVOD(ビデオオンデマンド)や動画は、海外だと利用制限がかかっていて利用できない場合がほとんどです。今回は合法かつ簡単にそういったVODを海外にいながら楽しめる方法を紹介します! すっごく簡単なので是非試してみると良いです。 おすすめのVPNサービスも紹介するので、こちらも合わせてチェックしてみてください。

この記事が、海外で日本のアプリがダウンロードできずに困っている人の助けになったら幸いです。

ほかにも、海外で必要なSIMフリーのスマートフォンについても記事を執筆しています。是非御覧ください。↓

海外に行くならSIMフリーのスマホの購入を!
海外に行くには旅行・留学・ワーキングホリデー(ワーホリ)・移住などなど、様々なシチュエーションがあると思いますが、どんな場合でも私ならSIMロックが解除された「SIMフリー(シムフリー)」のスマホを持って行きます。今回は、海外のSIM・携帯契約事情や、なぜSIMフリーのスマホを持っていくべきなのか説明していきます!
スマホをSIMフリーにする!SIMロック即時解除が義務化に!
総務省が改正したガイドラインによって、キャリアにおいてプランなどを申し込まず、回線契約がない状態で端末だけを購入する場合は、無料で即時解除を頼めるようになりました。 また、2020年4月以降は、回線契約する場合も「SIMロック(シムロック)」を即時解除できます。海外でも気軽にスマホが利用できるようになりますよ。

それでは、À bientôt!!!

 

SNSでシェアする
タイトルとURLをコピーしました