Googleの居住国を変更して海外で日本のアプリをダウンロード

France

みなさんこんにちは!
Passing NoteのWataruです。

Android(アンドロイド)のスマートフォンを使っていて、海外で日本のアプリをダウンロードしようとしても、「このアイテムはお住まいの国でご利用いただけません」と表示され使えないものがあるほか、検索しても表示されないものも多くあります。

そういった状況を解決して海外で日本のアプリをダウンロードするには、大きく3つの方法があり今まで2つ紹介してきました。

1. VPNサービス(セカイVPN)を利用する。(日本国内限定の動画なども視聴可能になります。)
2. APKをダウンロードして半強制的にダウンロードする。(作業が必要、1番確実です。)
3. Googleの居住国を変更してダウンロードする。(⇔ 今回はコレについてです。)

上記の1と2に関しては以下の記事で紹介しました。

海外で日本のアプリがダウンロードできない場合の対処方法
みなさんこんにちは! Passing NoteのWataruです。 海外旅行や留学、ワーキングホリデー、海外出張、海外赴任などなど、短期間や長期間で海外に行かれる方は多くいると思います。 そこで日本のアプリが「ダウンロードでき...
【簡単】海外でiPhone/iPadに日本のアプリをダウンロードする方法
みなさんこんにちは! Passing NoteのWataruです。 海外旅行や留学、ワーキングホリデー、海外出張、海外赴任など、短期・長期で海外に行かれる方は多くいると思います。 そこでよく気づかれると思うのですが、日本のアプ...
海外で日本のVODをみるならVPNの導入を!おすすめVPNも紹介
みなさんこんにちは! Passing NoteのWataruです。 海外で日本のアプリがダウンロードできないってことってありますよね。 それだけならこちらの記事の方法で解決なのですが、↓ U-NEXT(ユーネ...

これまでの方法は外部のサービスを利用するものでしたが、今回はGoogleでの設定を変更するだけで、海外にいながらも日本のアプリをダウンロード可能にしてしまう方法です。

誰でも簡単に設定できるので是非お試しください!

それでは画像を交えて設定方法を説明していきます。

Googleの居住国変更、海外で日本のアプリがダウンロード可能に

Androidのスマートフォン若しくはパソコンからGoogleの居住国変更をするには、まずGoogle Playストアのアプリを起動、画面左上にある横線3本の「メニューアイコン」をタップします。

次にそのメニューの中にある「アカウント情報」をタップします。

すると「国とプロファイル」の項目に、現在のGoogleの居住国設定がどこの国になっているのか「国名」と「ユーザー名」を確認することができます。

私の場合はフランス在住なので、ここがフランスになっています。

この居住国の設定が海外になっているために、日本のアプリが表示されなかったり、表示されてもダウンロードできなかったりするわけです。

「この設定をしていないのになぜ勝手に切り替わっているんだろう?」と思った方がいるかもしれませんが、インターネットアドレス(IPアドレス)が自動で認識されて変更になっている場合がほとんどです。

これを日本にすることで日本限定の公開アプリが海外でも表示され、中にはダウンロードできるものもでてきます。

では次にこのGoogleの居住国設定の変更方法を説明していきます。

Googleお支払いセンターで「国/地域」のプロファイルを新たに作成

上記の方法で現在の居住国設定が確認できたら、「メニューアイコン」にある「お支払い方法」をタップします。

そこの一番下にある「お支払いに関するその他の設定」をタップします。

そうするとブラウザでGoogleの「お支払センター」が開くので、「設定」の項目をクリック、「お支払いプロファイル」が表示されるので、「国/地域」の横にあるペン🖊のマークをクリックします。

すると「新しいプロファイルを作成する。」と表示がされるので選択、「次へ」をクリックして新しくプロファイルを作っていきます。

新しいお支払いプロファイルの作成画面で「日本」を選択

新しいお支払いプロファイルの作成画面が表示されると、まず「国または地域を選択」する項目があるので、これを「日本」に設定。

次に「顧客情報」を設定する項目で、名前と住所を入力するところがあるので、自身の名前と日本の住所を登録(実家などの実在する日本の住所で大丈夫です。)して、最後に「送信」ボタンをクリックします。

これでGoogleの居住国設定の変更手続きは完了です。

Googleの居住国設定の変更は年に1回まで

この設定が終わって、居住国が「日本」になるまでに24時間ほどかかります。

その後Googleの審査というかチェックのようなものを経て変更になるため、確実に「日本」に変わるわけではありません。

24時間以降に確認して「日本」になれば、それで海外から日本のアプリがダウンロードできるようになります。

「日本」になっていない場合は、冒頭で紹介した「VPNサービス」の利用、若しくは「APKをダウンロードして半強制的にダウンロードする。」をお試しください。

こちらも作業がいくつか必要ですが、より確実な方法となります。

Googleの新しいアカウントを作成する方法も!

Googleの居住国の変更をしても「日本」に切り替わらない場合は、Googleの新しいアカウントを作成する方法もあります。

新しいアカウントの作成はGoogle検索のトップページ右上にあるログインアイコンをクリックして、「アカウント」から新規作成が可能です。

新しいアカウントを「日本」のもので作ってしまえば、そのまま日本のAndroidアプリが海外からでも表示されて利用できるのでこちらもおすすめです。

VPNとかAPKとかアルファベット系がでてきた時点で「もうダメだ。。」と感じる方は是非こちらの方法をお試しください。

最後に

海外では日本のアプリがダウンロードできない場合があるほか、「U-NEXT」などの動画ストリーミングサイトが利用できなかったり、日本の電子書籍が読めなかったりして、不便なことが多々あります。

それらを全て解決してくれるのが「VPNサービス」です。

無料のものもいくつか散財していますが、もし利用するのであれば、セキュリティや安定性の問題から安全性の高い有料のサービスを使うことを強くおすすめします。

以下に安全性が高く比較的安価で利用できるVPNサービスをいくつかあげておくので、是非利用してみてください。

これらを使うと様々な設定などをせず、動画視聴やアプリのダウンロードがスムーズに行えるようになりますよ。

それでは、À bientôt!!!

 

SNSでシェアする
タイトルとURLをコピーしました