日本の運転免許証をフランスの運転免許証へ切り替える方法

Blog

Bonjourこんにちは!
Passing Note(パッシングノート)のWataruです。

フランスで運転するには、日本で国際運転免許証(国外運転免許証)を発行してもらい運転する方法と、フランスで日本の運転免許証をフランスの運転免許証に切り替える方法があります 💡

国際運転免許証とどう違うのでしょうか?また、どのように切り替えるのかについて紹介していきます!

フランスの運転免許証ならEU各国でも運転が可能!

国際運転免許証は、それぞれの国を対象として発給され、1年間有効となっており、更新制度はありません

また、日本の運転免許証の有効期限が切れると、同時に1年間の有効期限内であっても、その国際運転免許証は無効となります 😥

一方、フランスの運転免許証なら更新も可能でEU各国での運転もできるため、しっかりと書類などを集めて切り替えすることをおすすめします!

 

滞在許可証の有効化がされてから1年以内に切り替えの申請を

これは、またの機会に紹介していきますが、日本のフランス大使館(在日フランス大使館)で発行されたビザは、フランスに入国後、フランス移民局(OFII : Office Français de l’Immigration et de l’Intégration)において正式な滞在許可書として認めてもらう手続きをしなければなりません。

フランスのビザ取得後の手続き!「滞在許可証として有効化する」のを忘れずに
フランスはビザ取得後も、フランス国内で関係当局に出頭し、手続きをしなければならない「義務」があるのです・・・学生でも就労ビザでも同様です。「フランス入国後、滞在許可証として有効化する手続き」について紹介していきます。

日本の運転免許証からフランスの運転免許証に切り替えられる期限は、その認定日から1年以内と定められているため、それ以降にフランスの運転免許証を取得したい場合は、お金を払ってフランスの自動車学校に通い、フランス語で講習を受けないといけなくなります。

1年以内に申請すれば、“無料”で取得できますよ 😉

 

申請方法や必要書類の用意の仕方は??

基本的に必要となるのは以下の書類です。

・申請用紙×2
・日本の免許証(原本)
・パスポート(滞在許可証)
・住居証明書
・日本の運転免許証の有効性に関する書簡
【居住地の県庁(Prefecture)、若しくは支庁(Sous-Prefecture)が提出を求める場合に必要。】
・自動車運転免許証明
・写真4枚

居住地の県庁(Prefecture)、若しくは支庁(Sous-Prefecture)で、申請に必要なもののリストをいただけるので、それを確認するのが確実ですが、

申請用紙2枚は、
申請用紙 1

申請用紙2

(申請用紙を含め各種書類に関しては、ウェブサイトにて最新のものを常にご確認下さい。)

住居証明書は、家を賃借するときの契約時にもらうものを提出すれば大丈夫です。

配偶者の家族の家などに住んでいる場合は、その家の住居証明書(家主の名前が書いているもの)に家主から「ここに〜さんも住んでいます。」と、何かの紙に一筆書いてもらうと良いです 🙂

そして「日本の運転免許証の有効性に関する書簡」が少しだけ厄介なので注意が必要です。

お住いの管轄公館(私の場合は在マルセイユ総領事館)に、以下を提出し作成を依頼することができます。

1. 有効な日本の運転免許証原本(コピーを郵送)
2. 申請書(ウェブサイトからダウンロード可能)
3. パスポート(コピーを郵送)
4. フランス滞在許可証(コピーを郵送)
5. 日本の運転免許免許証の有効性の確認を、県庁若しくは支庁が要求していることが分かる資料
(提出先である県庁若しくは支庁に提出する必要書類のリスト、レターなど)

←5.のためにリストを入手しておく必要があります。

在留届を提出している人のみ依頼でき、1〜5の書類を郵送又は直接窓口に持っていきます。

在マルセイユ総領事館の場合は、およそ1週間で作成していただけました。

依頼するのは郵送で良いのですが、書類は手数料の支払いとともに手渡しとなるため、直接管轄公館に足を運ぶ必要があります。

訪問する日時を聞かれることもあるので、依頼する際に一度電話で確認をしましょう。

また、「自動車運転免許証明」についても、少し手間が掛かります。

日本の運転免許証の内容をフランス語で証明する書類で、こちらも管轄公館に書類を揃えて郵送し、作成を依頼します。

1. 申請
2. 有効な日本の運転免許証(コピーを郵送)
3.写真1枚 (縦4.5cm×横3.5cm)
4. パスポートのコピー
5. (お持ちの方)フランス滞在許可証の写し、または仏国査証の写し

ウェブサイトには上記のように記載がないのですが、電話で問い合わせた際に「運転免許経歴証明書」も必要と案内を受けたため、日本にいる親族に代理で証明書の発行申請と、フランスへの郵送をお願いしました。

代理で申請する際、日本では印鑑が必要になったり、直接本人が委任状を記入したりしないといけないですが、この書類については日本の警察署に問い合わせたところ、印鑑など不要なため、代理人が記入して申請しても良いと回答を受けました。

ややこしいのが「運転経歴証明書」というものがあるので、「運転免許経歴証明書」と間違えないように気をつけないといけません。

管轄公館は少し堅苦しくて電話するのが怖いなぁって思うかもしれませんが、みなさん優しい人ばかりなので、しっかりと書類が揃っているかどうか、電話確認されることをオススメします 😉

 

さすがフランス、まだまだ終わりじゃない申請への道のり・・・

これで申請書が揃った!と思いそのまま、運転免許の切り替え申請を行う居住地の県庁(Prefecture)、若しくは支庁(Sous-Prefecture)に赴いても、門前払いされます(笑)

なんと、運転免許の切り替え申請のため、ウェブサイト予約を取らないといけません(泣)

お住いの場所によっては予約が「3か月先」になってしまうので、早めに予約しておくべきです。。

なんといっても週の始まりに(月曜日)1週間単位での予約(例:1月1日に、3月1日から8日までの予約)しかできないので、時期によっては予約が殺到し、ウェブサイトにアクセスすらできませんでした 😥

予約をしたい人が、日曜日の23時59分に予約ページのボタンを押す準備をして、月曜日0時00分になった瞬間からアクセスすることが原因だと聞いたことがあります。

日本だと予約システム的にも考えられませんが、フランスではこういうことが沢山あるので慣れてきました。。

 

予約の日時が決まったら、ついに申請へ!

予約の日時が決まったら、頑張って集めた書類等を、その日に絶対忘れずに持っていきます。

忘れてしまって「受付できない」となると、またあの面倒な予約をしなければならず「1年以内」の期限が迫っている人は、期限切れとなり申請すらできなくなります(泣)

私の場合は申請が受付されても当日には免許証を発行されませんでした。

「発行がいつになるかは分かりません」とのこと。これもフランスですね(笑)

でも当日から運転ができるように代わりの証明書をいただけるので、それを携帯して運転開始です! 😎

 

まとめ

このように日本よりも書類社会となっているフランスでは、公的な手続きがとてもややこしい場合があるのです。

またの機会に色々な手続きについても触れていきますので、是非参考にしてくださいね!

フランスの運転免許証から日本の運転免許証の再交付を申請!
日本に完全帰国する際に、フランス当局に提出して、手元にない日本の運転免許証の再交付の申請方法などについて紹介していきます! 運転免許センターなどといった住所地の管轄の都道府県公安委員会に、フランス当局から日本の運転免許証が返還されないことを伝え、再交付の申請をすることで、再度取得が可能です。
フランスの運転免許証で日本帰国時に運転する方法を紹介!
以前、「日本の運転免許証をフランスの運転免許証へ切り替える方法」の記事でフランスの運転免許証への切り替え方法や、必要書類などについて紹介しました。今回は、日本に一時帰国した際、その運転免許証でどのように運転できるようにするのかを紹介していきます。

À bientôt!! 😛

 

SNSでシェアする
タイトルとURLをコピーしました