【大丈夫!】海外でパスポートを紛失しても再発行可能!

Blog

みなさんこんにちは!
Passing NoteのWataruです。

海外でパスポートを紛失や焼失すると、日本でもないのでかなり焦るかと思いますが、安心してください、大丈夫です。

海外でも日本のパスポートは再発行できますし、最悪帰国日までに再発行が間に合わなくても、しっかり手続きをすればパスポートなしで帰国できてしまいます。

今回は海外でパスポートを紛失した場合の「パスポートの再発行の方法」と、パスポートがなくても帰国するための「帰国のための渡航書」の申請方法を紹介していきます。

海外でパスポートを紛失したら再発行の手続きを

海外でパスポートを紛失・焼失した場合は、再発行の手続きを素早く行う必要があります。

誰かが拾得してそれを悪用するのも怖いですから、パスポートを再発行・新規発行してもらって紛失したものを無効化しなくてはいけません。

パスポートを紛失・焼失した場合の再発行に必要な書類を以下にリストアップしておきます。↓

・「一般旅券発給申請書
・「紛失一般旅券等届出書
・「戸籍謄本」(原本=6か月以内に発行されたもの)
・カラー若しくは白黒の「写真
・現地の警察署発行の「盗難・紛失届証明書

「書類が多いな〜海外にいるのに集めきれるのかな?」と思うかもしれませんが、大丈夫です。

すぐに揃えられるので順を追って説明していきます。

海外でパスポートを紛失したら現地の警察署で「盗難・紛失届証明書」をもらう!

まず、現地の警察署に行って「盗難・紛失届証明書」を発行してもらいます。

難しいことをするわけではなく、紛失した際の状況を警察官に口頭で伝えて状況書類(レポート)のようなものを作ってもらうだけです。

これは紛失したパスポートの失効手続きに必要なので忘れないように、勇気を振り絞って行きましょう。

悪いことをしたわけではないので、優しく接してもらえると思います(願望)。。。

パスポートの「一般旅券発給申請書」はオンラインでも取得可能

次に「一般旅券発給申請書」が必要なのですがこれは、新規発行のときと同様、外務省の「パスポート申請書ダウンロード」のページで、ブラウザ上で入力してプリントアウトすることが可能です。

現地の日本の大使館や総領事館でももらえますが、紛失したときは急いでいると思うのでオンラインで作成してしまいましょう。

その際にはプリントアウトしたあとに直筆の署名(サイン)をすることを忘れないようにしてください。

紛失一般旅券等届出書」はパスポートの紛失届を大使館や総領事館で行うときに、その場でいただけるので記入して、ほかの書類と合わせて提出します。

写真」は縦4.5cm×横3.5cmで、6か月以内に撮影したもののみ有効です。

「戸籍謄本」がなくても日本国籍であることができるものを用意

それから上記のリストでも挙げましたが、「戸籍謄本(6か月以内に発行されたもの)」が必要となるのですが、「海外にいるからそんなのないよ」という人もいるかと思います。

私は海外に行く前に必ず何かあったときのために発行しておいて、原本とPDFファイルの2つを所持するようにしておきます。

パスポート関連だけでなく、ほかの手続きなどで本当に結構使うので、そうしておくことをおすすめします。

「戸籍謄本」の原本を持っていない人でも、代わりに日本国籍であることが証明できるものがあれば良いです。

どういったものがあるか挙げておきます。↓

日本国籍であることが証明できるものの例:

住民票
運転免許証
マイナンバーカード
国民健康保険証
高校・大学などの学生証

旅行などで海外に行っているのであれば、いずれかは持っている方が多いと思いますので、いずれか1つをパスポートの再発行のために用意しておきましょう。

因みに海外に留学していたり、長期滞在していたりしている方は、すぐに帰国する必要がないので、日本にいる家族や友人に頼んで代理で「戸籍謄本」を発行してもらい、郵送してもらうと良いです。

国によってはメールやFAXで発行・送付対応できるところもあるようなので、現地から日本の役所に電話で確認してみましょう。

「帰国のための渡航書」でパスポートの再発行を待たずに帰国が可能

パスポートの再発行には1週間程度の日数を要します。

短期間の旅行や海外出張などでパスポートを紛失してしまったけれど、帰国日までに再発行がされないため、待っていられないという方は「帰国のための渡航書」を所持しておけば、パスポートがなくても日本に帰国することができます。

以下に申請に必要な書類をリストアップしておきます。↓

・「渡航書発給申請書」(大使館・領事館で入手可能)
・「紛失一般旅券等届出書」(大使館・領事館・オンラインで入手可能)
・「警察発行の盗難・紛失届証明書」
・「写真」2枚
・6か月以内に発行された「戸籍謄本」(こちらも日本国籍の確認できるもので代用可能)
・帰国するための「航空券」若しくは「航空券予約証」

以上となります。

パスポートの再発行で必要なものとほとんど同じで、異なる点は「渡航書発給申請書」(大使館・領事館で入手可能)と、「紛失一般旅券等届出書」(大使館・領事館・オンラインで入手可能)、そして帰国するための「航空券」若しくは「航空券予約証」ですね。

これだけあれば、「帰国のための渡航書」が発行されてパスポートがなくても帰国することができます。

因みに発行までに要する具体的な日数は示されておらず、基本的には「帰国予定日の前日に受領」することになります。

最後に

パスポートを紛失して再発行してもらう場合でも新規発行と同じ扱いとなるため、発行手数料は同料金となります。

私の住むフランスでは大人の10年パスポートが130ユーロ5年が89ユーロです。

また、「帰国のための渡航書」の発行はそれほど高くなく、20ユーロとなります。

ほかの国でも為替レートなどによって多少の誤差はあるかもしれませんが、同等の手数料となると思います。

詳しくは各国の日本の大使館・総領事館のホームページを確認してみてください。

因みにこういった手続きをする場合、長期滞在者は「在留届」・短期滞在者は「たびレジ」への登録が求められることがあります。

海外へ長期間行くときは「在留届」を忘れずに!短期は「たびレジ」!
「旅券法第16条」で、現地の居住地を管轄する在外公館(日本大使館若しくは総領事館)に、「在留届」を提出しなければならないという“義務”があります。今回は、海外に長期間行く場合に必要な「在留届」と、海外旅行などの短期で渡航する場合に登録しておくと便利な「たびレジ」について紹介します。

在留届の方法やたびレジへの登録はオンラインでもできますし、とても簡単なので是非上記記事を参考にしてみてください。

それでは、À bientôt!!!

 

SNSでシェアする
タイトルとURLをコピーしました