フリーランス・副業の始め方、おすすめ受注サイトも紹介!

Blog

みなさんこんにちは!
Passing NoteのWataruです。

日本政府が「働き方改革」を施行してから、副業を解禁する企業が増加していますね!

それに伴いフリーランス・副業者(個人事業主)として働く人も増えつつあり、働き方も多様化してきています。

でも、フリーランスや副業を始めてみたいけど、何かの技術・知識があるわけでもなく、一歩が踏み出せない人も多くいると思います。

私も技術・知識ゼロから副業 ⇒ フリーランスになり、海外移住を実現しました。

そこで今回、そういった実体験をもとに、おすすめの案件受注サイトや「会計・確定申告」の方法、フリーランス・副業の始め方を解説していきます。是非参考にしてくださいね!

 

フリーランス・副業は技術・知識ゼロでも簡単に始められる!

私もフリーランス・副業を始めるのに、ハードルが高いと思い込んでいたことは、技術や知識がある程度必要ということでした。

しかし、副業として始めた当初は、実際ワードやエクセルの使い方すら分からない人でした(泣)

ではどうやって仕事を「受注していったのか?」、と言うより「どうやったら発注してもらえたのか?」。

副業やフリーランスの「フリーランス求人サービス」や「仕事マッチングサイト」では、アルバイトなどにもある「未経験者歓迎」の案件も多くあるほか、マニュアルを完備しており、仕事がしっかりできるまでサポートしてくれる発注者さんや企業もいます。

発注者さんや企業は仕事の質はもちろんですが、誠実でしっかりコミュニケーションがとれる人、仕事を適当にやらず頑張れる人を探しています。

そのため、やる気や継続力など、アピールできさえすれば、仕事を任せてくれるところも多くあります。

初めは、そういったところから受注していけば良いと思います。

 

報酬が安くても「まずはフリーランス・副業をやってみる」一歩が大切!

上記の未経験者歓迎などの一例では「ライティング」の仕事があります。ライターとして仕事をするということですね。

発注者さんのブログ記事を代わりに書いたり、企業のオウンドメディア(企業運営の情報発信サイト)への寄稿などを任されるものがあります。

多くの場合はマニュアルが提示され、それに沿って作業を進め、納品してから修正箇所などがあれば修正して再納品 ⇒ 報酬が支払われるといった流れになります。

基本的に報酬は1文字あたり0.1円から1円となり、1件あたり報酬自体は高くはないですが、作業をこなしていくうちに慣れてきて作業量を増やすことができます。

最初は月数千円〜となりますが、慣れてきたら数万円〜になると思います。月間報酬を自身の頑張りで増やすことができるのも、副業・フリーランスの魅力の1つですよね!

「ライティング」だけではなく、他にも多くの仕事があるので、是非以下に紹介しているサイトで確認してもらいたいです。先入観で上げてしまっているハードルの高さを、下げられると思いますよ!

 

オススメのフリーランス・副業の案件受注サイトを紹介

オススメのフリーランス・副業の案件受注サイトは以下となります。↓
いずれも登録・利用無料の案件受注・企業との仕事マッチングサイトです。

今は使わなくても検討中の方は、登録しておくだけでもどういった仕事があるのか確認できるというところも良い点です!

CrowdWorks(クラウドワークス)

Another works (アナザーワークス)

フリーランススタート

Bizseek

Shufti(シュフティ)

クラウドソーシングのCraudia(クラウディア)!!

 

フリーランス・副業のための会計や確定申告、おすすめサイト&ツールも紹介!

今まで会社勤めだった方は、年末調整などを会社が行ってくれていたと思います。なので、フリーランスや副業を始めるとなると、「会計や確定申告が難しそう〜」や「税金のことは全く分からなくてダメだ」と、そこで挫折している人も多いハズ。

しかし、今はクラウド上で報酬などの数字を入力するだけで「会計管理」、「確定申告」の書類作成、そして「個人事業の開業書類」が作成できるツールや、サービスが多くあります。

初心者の方でも使いやすいものもありますので、例をいくつか挙げておきますね!

「会計・確定申告」関連

freee(フリー)(フリーランス・クラウド会計・開業書類作成ソフト)

マネーフォワード(クラウド上で「会計・確定申告」「請求書」などを管理)

弥生シリーズ(「青色申告」・「白色申告」・「会計」などの書類をネットで作成)

シェアーズ(個人事業主の確定申告をクラウドソーシングで依頼可能)

 

「税理士」関連

ベンチャーライフ(起業・開業後の税理士紹介の問い合わせなどが可能)

税理士ドットコム(各地域ごとに税理士の検索・問い合わせ・相談が可能)

 

最後に

このように、私も実体験として何もないところから色々な作業を積み重ねて、今ではありがたいことに案件受注サイトなどを介さず発注していただいたり、仕事の提案をいただいたりしています。

副業として始めた仕事だけのおかげではないですが、こういった仕事の仕方を学んだことで、海外移住し、好きな場所で好きな時間に仕事ができています。

1か月1万円だったとしても、1年で12万円になり、国内旅行が何度もできる金額になります。
国内でフリーランス・副業する人も、少しの収入でできることも増え、知識・技術も増えていくのでメリットが多いですよ。

ライターに絞って副業の始め方の記事も執筆しています。↓

副業したいけど技術がない人必見!ライターになる方法を紹介!
今回は、もともと全く技術がなかった私がどのようにしてライターになり、収入が得られるようになったのかその流れを簡単に紹介していきたいと思います。副業はもちろんフリーランスとしてもライターは非常に始めやすいので、是非参考にしてみてください。おすすめのフリーランス・副業の案件受注サイトも幾つか紹介します!

海外で仕事をする場合の納税の関連記事も執筆しています。是非参考にしてみてくださいね!↓

「非居住者」が日本から得る報酬 納税するべき国はどこか解説
「非居住者」になった場合、フリーランスで日本の企業から得ている報酬や、アフィリエイトや広告収入のようなものは、どちらの国に納税する義務があるのか分かりづらいです。日本を出国する際に役所の税務窓口や税理士さんに伺ってみました!

それではÀ bientôt!!!

 

SNSでシェアする
タイトルとURLをコピーしました