一時帰国時は「データ通信専用SIMカード」の選択を

Travel

みなさんこんにちは!

Passing NoteのWataruです。

海外在住者(非居住者)で日本へ一時帰国をする際に、スマホでどのSIMカードを使うのか悩む方がいると思います。

海外現地のSIMカードをそのまま使うこともできますが、ローミング料金などが高く、SMS受信・電話が着信しただけでもお金がかかってしまう携帯会社もあり、滞在国に帰ってから驚くほど高い料金を請求されたという事例も聞いたことがあるので、個人的にはおすすめしません


そこで今回は私が一時帰国時に使っているSIMカードと、おすすめのSIMカードの会社(MVNO)を紹介していきます。

国際カップルでもお相手の方の契約も正規にでき、格安かつ違約金なども発生しないので是非参考にしてみてください。

また、「電話番号を持って通話したいならどうすれば良いの?」と思っている場合の対処法も紹介していきます。

一時帰国時は「データ通信専用SIMカード」を選択

海外在住者の一時帰国で、MVNOのSIMカード「データ通信専用カード」を契約する理由は、本人確認書類の提出が不要な会社もあり、解約時の違約金が発生しないということです。

また、契約をすると月額料金などは日本のクレジットカードで支払うこととなりますが、海外在住者で日本のクレジットカードを持っていない方(実際には非居住者のクレジットカードの保有はグレー)でも、日本にいる親族に代理契約をお願いできるところもおすすめポイントです。

非居住者が一時帰国でクレジットカード決済する方法
みなさんこんにちは! Passing NoteのWataruです。 過去の記事でも紹介しましたが、非居住者になると一部の例外を除き国内居住者向けのサービスである銀行口座の保有と、クレジットカードの発行・所持ができなくなります。↓ ...

そして電話番号付きで通話のできる「音声通話SIMカード」を選ばない理由として、最低利用期間に満たずに解約すると、違約金が発生すること、そして運転免許証などの本人確認書類の提出が必要があることが挙げられます。(海外在住者は運転免許証を海外の運転免許証に交換していたり、そもそも日本の運転免許証を取得していなかったりした場合は提出できない。健康保険証・マイナンバーカードも持っていないためです。)

一時帰国時のSIMカード「mineo」なら代理契約が可能

上記の条件を満たしていればどこの会社の格安SIMカードでも良いのかというとそうではなく、正規な形で契約をしなければグレーな状態で、SIMカードを使うことになります。

そこで個人的におすすめなのが「mineo(マイネオ)」です。

MVNOの「mineo(マイネオ)」のSIMカードはDocomoやau、Softbankの大手の3回線を選択できるほか、契約者と利用者を別にすることが可能です。

ほかの会社では契約者がほかの人に譲渡して使用させることは禁止されている場合もあるので、その点で「mineo」は家族に自分とパートナーの分を契約してもらうことで、実家などに帰ったらすぐに使用できるメリットがあります。

「mineo」のホームページにある「mineoを申し込む」から、オンライン契約手続きに進むと、以下のように契約者と利用者の情報を入力する画面が表示されるので入力後、クレジットカード情報を入力することで契約が完了します。

SIMカードの送付は数日後!一時帰国の日でも契約はOK

コロナ禍で日本への入国にはさまざまな条件や書類が必要な上、国際情勢や航空会社の都合などにより、フライトがキャンセルされてしまうことも多々あります。

そういった場合に事前(海外現地出発の結構前)に格安SIMカードを契約していると、無駄に月額基本料金を支払うことになりかねません。

しかし、「mineo」の「データ通信専用カード」の場合は契約完了から3日から4日でSIMカードが送付されるため、海外現地出発の当日に契約しても、日本に到着後2日程で手元にSIMカードが使えるようになるので安心です。

Docomo回線はオンラインで解約後、空港のポストから返却

ほとんどのMVNOで同じことが言えますが、「mineo」の解約はオンラインで完結するため、海外現地へ出発する日に解約作業をしても問題がなく、日本滞在の最終日ギリギリまで使用できるのも良い点です。

auとSoftbank回線のSIMカードは返却が不要ですが、Docomo回線のSIMカードは「mineo」が指定する場所へ郵送での返却が必要なので、封筒に住所を書いて空港のポストから普通郵便として返却します。

この場合でも飛行機に搭乗するギリギリまで使用できるので、ほかの2回線とあまり変わりはありません。

通話をしたい方はLineやSkypeを利用


「mineo」を含め各MVNOの「データ通信専用SIMカード」を使う場合は、データ通信のみなので、電話番号付きの音声通話がそのままでは利用できません。

そこで通話をしたい場合はLineでつながっている方と無料通話をしたり、Skypeを使用したりして電話番号付きの通話をすることで、その問題が解決します。

「mineo」のデータ通信速度で、しっかりと音声通話ができるのか心配になる方がいるかと思いますが、ビデオ通話なら高速モードで可能ですし、データ通信無制限で利用できる低速モードでも音声通話なら問題なくクリアに通話が可能です。

個人的な感覚ですが通話だけでなく、ネットサーフィンや低画質での動画再生、Eメールのチェックなども、高速モードとは多少速度が劣るものの低速モードでも十分に利用できました。

最後に

比較的値段が高めのプリペイドSIMカードを事前に購入しておくと、さまざまな理由でフライトがキャンセルされた場合に、無駄になってしまいます。

MVNOのSIMカードであれば、違約金が発生せず、短期の一時帰国であれば最低1か月分の月額料金を支払うだけで利用できるため、かなり経済的です。

日本の空港に到着後にすぐSIMカードを使用したいという方は、郵便局留めで受け取る方法もあり、過去の記事で紹介しているので、是非御覧ください。

【帰国時に便利】空港での郵便や荷物の受け取り方を解説
みんさんこんにちは! Passing Note(パッシングノート)のWataruです。 帰国時に空港ですぐに郵便や荷物の受け取りをしたいと思ったことがありませんか? 例えばフランスの運転免許証から作った国際運転免許証では、日本...

それでは、À bientôt!!!

 

SNSでシェアする
タイトルとURLをコピーしました