Chromebookに海外でアプリなどをインストールする方法

Blog

みなさんこんにちは!
Passing NoteのWataruです。

Chromebook(クロームブック)Chrome OSで、「Playストア」からAndroid(アンドロイド) アプリがスマホ同様にダウンロードできるようになっています。

Chromebook(クロームブック)でできることに関しては、こちらの記事を是非御覧ください↓

Chromebook(クロームブック)は仕事でも使えるのか徹底解説!
アメリカやヨーロッパでジワジワと普及している新たなOS「Chrome OS」が搭載されたラップトップPCを購入しておよそ1年が経過しました。 今回はそのOSが搭載された「ASUS C300」で、何ができて、WindowsやMacとどう違うのかなど、実際に使用してみた私の観点から紹介していきます。

今回は海外でダウンロードできないアプリを簡単にChromebook(クロームブック)へインストールする方法や、WindowsやMacのソフトウェアを使用する方法を紹介します。

日本のアプリが海外ではChromebookにインストールできない?

現在フランス在住なのですが海外旅行・日本に帰国する際に携帯するパソコンは、軽量で使いやすいChromebook(クロームブック)を選んでいます。

でも海外で「Playストア」から日本のアプリをダウンロードしようとしても、インターネットのIPアドレスなどから居住エリア利用制限がかかってしまいます。

それに海外版で同じアプリがあっても全て英語になっていて使いづらかったり、理解できない部分がでてきたりと色々不便を感じてしまう方も多いと思います。

そこで、日本のアプリのAPKがダウンロードできるサイト「APKPure」を利用すれば、Chromebook(クロームブック)にアプリをインストールできます。

同サイトからのAPKのダウンロード方法は、こちらの記事で詳しく紹介していますので御覧ください。↓

海外で日本のアプリがダウンロードできない場合の対処方法
日本のアプリが海外で「ダウンロードできない」や、「アップデートできない」ってことはよくあります。 海外で日本のアプリをダウンロードしようとすると、幾つかは「このアイテムはお住まいの国でご利用いただけません」と表示されることがあります。今回は日本のアプリが「ダウンロード・アップデートできない」場合の対処方法を紹介します。

「APK」とは、Googleによって開発されたAndroid専用ソフトウェアパッケージのファイルフォーマットである。 JARファイルをベースとしたZIP形式で、アーカイブファイルの一種である。
(ウィキペディアより引用)

 

Chromebook(クロームブック)のチャンネルを「Developer」に変更

APKがダウンロードできたら、Chromebook(クロームブック)にインストールするのですが、チャンネルを「Developer」に変更する必要があります。

Chromebook(クロームブック)を購入してそのまま使用している場合は、通常チャンネルが「Stable」か「Beta」になっていますので、

1. 「設定」画面を開く
2. 「設定画面」のサイドバーにある「Chrome OSについて」をクリック
3.「詳細」をクリック
4. 「チャンネル」の「チャンネルを変更」をクリック
5. 「Dev-不安定」を選択

これでチャンネルを「Developer」に変更できます。

1つ注意が必要なのがチャンネルを変更するとChromeがリセットされて、既存のユーザーデータが消えてしまうことです。「マイファイル」に入っているデータはバックアップしておくことをおすすめします。

ダウンロードしたアプリやクラウド上に保存したデータなどは消えずに、チャンネル変更後にも使えるようになっているので、そちらは気にしなくても問題ありません。

 

「APK」をChromebook(クロームブック)にインストール

チャンネルが「Developer」に変更されたことを「Chrome OSについて」の画面で確認できたら、先程ダウンロードした日本のアプリの「APK」をクリックして、Chromebook(クロームブック)にインストールします。

インストールが完了すればアンドロイドのスマートフォンと同じように、海外でも日本のアプリが起動して使用できるようになります。

アプリのアップデートがあった場合も「APKPure」で、アップデートAPKをダウンロードして同じ手順でインストールすれば問題なく使えます。

 

最後に

Chromebook(クロームブック)では、chromeウェブストアから拡張機能「Chromeリモートデスクトップ」の追加をすることで、自身が所有しているWindowsやMacのパソコンにアクセスして遠隔操作ができます。

これによってWindowsやMac専用ソフトウェアなんかも使うことができちゃいます。実際はChromebook(クロームブック)上で遠隔操作するのですが。。

「Chromeリモートデスクトップ」の設定方法は以下の記事で説明していますので、是非チェックしてみてください!↓

「Chromeリモート デスクトップ」とは?ChromebookでWindowsやMacを簡単に遠隔操作!
Chromebook(クロームブック)ではアプリ・拡張機能を入れて、簡単な設定をするだけで、Windows(ウィンドウズ)やMac(マック)が遠隔操作できてしまいます!気をつけておきたいのが、同一のGoogleアカウントが必要という点です。異なるアカウント同士ではアクセスが不可となりますので、これは覚えておきましょう。

それでは、À bientôt!!!

 

SNSでシェアする
タイトルとURLをコピーしました