日本の運転免許をフランスの運転免許に切り替えるメリットを紹介

France

みなさんかなり久しぶりです。こんにちは。
Passing Note(パッシングノート)のWataruです。

海外在住者は日本の運転免許を現地の運転免許に交換できるというのは、ご存知でしょうか?

以前、私が執筆した記事ではフランスでの運転免許の交換方法を解説しています。現在は申請書などを揃えれば「ANTS」のサイトで完結するようなので、申請から発給まで大幅に負担が減っています。

日本の運転免許証をフランスの運転免許証へ切り替える方法
Bonjourこんにちは! Passing Note(パッシングノート)のWataruです。 フランスで運転するには、日本で国際運転免許証(国外運転免許証)を発行してもらい運転する方法と、フランスで日本の運転免許証をフランスの運転免...

ただ外国の免許証に気軽に日本の免許を切り替えられると言っても、「切り替えの代わりに、日本の免許証が現地当局に回収されてなくなってしまう」や、「日本へ定期的に一時帰国したいけれど、そのときに運転できない」、「完全帰国時には日本の運転免許を自動車学校に通って再取得しなければならないの?」などと思っている人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は日本の運転免許をフランスの運転免許に切り替えると、どんなメリットがあるのか紹介していきます。

ほかの切り替え可能な国にお住まいの方にとっても、参考になると思いますので是非ご覧ください。

日本の運転免許をフランスの運転免許に切り替えるメリット

上記の記事で分かっていただけるように、以前までは日本の大使館などで書類を集めた上で、さらにフランスの県庁(Préfecture)に運転免許の切り替え申請予約をしなければならず、ステップがいくつもありましたが、現在はオンラインで申請できてしまいます。

EU指令によって、EU諸国以外の第3国の運転免許証を二重に所持することは禁止されているため、申請が受理された時点で日本の運転免許は当局に回収されます。

これでは日本で運転できなくなると思う方もいるかもしれませんが、実際は一時帰国であれば、JAF(日本自動車連盟)が作成するフランス運転免許の「日本語翻訳」を一緒に所持することで、入国日から1年間は日本国内で運転することが可能です。(因みに翻訳申請・受け取りは日本にいる家族などに代理で依頼できます。)

詳しくは以下の記事で解説しています。↓

フランスの運転免許証で日本帰国時に運転する方法を紹介!
Bonjourこんにちは! Passing Note(パッシングノート)のWataruです! 以前、「日本の運転免許証をフランスの運転免許証へ切り替える方法」の記事でフランスの運転免許証への切り替え方法や、必...

この「日本語翻訳」の有効期間はないため発行されれば、フランスの運転免許の記載内容に変更がない限り、いつまでも使用できます。

また、フランスの運転免許の有効期間は基本的に10年から15年になっているのでかなりの期間、一時帰国であれば日本でもそのまま運転できることになります。

日本の運転免許をフランス(海外)の運転免許に切り替えていないと、日本の運転免許の有効期間内のみ一時帰国時に運転できますが、フランスでは運転できません。

切り替えておくと、2か国で長い間運転ができるようになるメリットがあります。

フランスの運転免許に切り替えていないと一時帰国が必要

上記以外にもフランスの運転免許に切り替えていると、日本に完全帰国した際にそれを逆に日本の運転免許に切り替えることが可能です。(もちろんフランスの運転免許の有効期限内に切り替えが必要です。)

フランスの運転免許に切り替えていないと、日本の運転免許の有効期限が切れる前に帰国して更新しなければならず、何らかの事情で帰国できない場合は運転免許が失効することになります。

ただ一定期間は、海外在住者であれば失効後も運転免許の再取得が可能です。

その方法は過去記事で紹介しておりますので、ご参考にしてください。↓

【徹底解説】海外在住者の免許更新!事前更新や失効後の取得が可能
みなさんこんにちは! Passing NoteのWataruです。 海外在住者で長く海外生活を送っていると、自動車運転免許の更新日がきて「早く帰国しないと失効してしまう」と焦ってしまう人も多いのではないでしょうか? でも海外在...

運転免許の更新だけのために帰国するのも、交通費がかかるので避けたいですよね。

フランスの運転免許に切り替えておけば、日本の運転免許の有効期限が切れても、再度取得できるので、その点もメリットの1つと言えます。

一定期間内であれば日本の運転免許が返還されることも

日本の運転免許はフランスの運転免許に切り替える際に回収されますが、現在は当局から在フランス日本国大使館に返還されているようです。

フランス当局による日本の運転免許証返還措置

「フランスの運転免許に切り替える際に提出した日本の運転免許証原本が当館に返還される措置については、フランス当局により停止されていましたが、フランス行政機関における免許事務の集約化に伴い、当館への返還措置も再開されました。」

(「在フランス日本国大使館 フランスの運転免許証への切り替え」 https://www.fr.emb-japan.go.jp/itpr_ja/untenkirikae.htmlより引用)

必ず返還されているわけではないようですが、一時帰国などで必要な場合は訪ねてみると良いかもしれません。

フランスの運転免許に切り替えても、日本の運転免許が再度保有できる可能性があるというわけですね。

最後に

ここめでフランスの運転免許を切り替えるメリットを紹介してきましたが、あえてデメリットを1つ挙げるとしたら、日本の運転免許の色が「グリーン」以上だった場合でも、日本でフランスの運転免許を切り替えると「グリーン」から始まりになってしまうことです。

「ゴールド」免許だったのに、「グリーン」になるのがどうしても嫌だと言う人は少ないとは思いますが、参考までに挙げておきました。

個人的にはメリットのほうが多いので、フランスの運転免許に切り替えをおすすめします!

それでは、À bientôt!!!

 

SNSでシェアする
タイトルとURLをコピーしました