Chromebookの「Crossover on Chrome OS」の使用方法を紹介

Blog

みなさんこんにちは!
Passing NoteのWataruです。

以前の記事でも紹介しましたが「Chromebook(クロームブック)」では、Chromeリモートデスクトップというアプリ・拡張機能があり、所有しているWindowsやMacのパソコンを遠隔操作することができます。

「Chromeリモート デスクトップ」とは?ChromebookでWindowsやMacを簡単に遠隔操作!
Chromebook(クロームブック)ではアプリ・拡張機能を入れて、簡単な設定をするだけで、Windows(ウィンドウズ)やMac(マック)が遠隔操作できてしまいます!気をつけておきたいのが、同一のGoogleアカウントが必要という点です。異なるアカウント同士ではアクセスが不可となりますので、これは覚えておきましょう。

これだけでも非常に便利なのですが、少しだけ欠点があります。

同じIPアドレスでインターネット接続をしており、双方のパソコンが起動・同じGoogleアカウントでログインしていないと遠隔操作ができないのです。

これだと国内でもカフェやレンタルオフィスなどで仕事したり、海外旅行・留学・海外出張などをする人は「Chromebook(クロームブック)」を持って外出する選択肢がなくなってしまいますよね。

でも「Crossover on Chrome OS」(クロスオーバー)を使えば、誰でも簡単にChromebook(クロームブック)でWindowsを起動できちゃいます!

今回はその導入方法と使い方について紹介していきます。

Google Playから「Crossover on Chrome OS」のダウンロードを!

Crossover on Chrome OS」(クロスオーバー)を使ってChromebookでWindowsを起動するのは、仮想マシンなどを使ってほかのOSを使うのとは異なり非常に簡単です。

Chromebook(クロームブック)からGoogle Playを開きます。
「Crossover on Chrome OS Beta」を検索します。
(以前まではチャンネルをDev版にしていないと検索に引っかからなかったのですが、今はBeta版などでも問題ありません。)

「Crossover on Chrome OS Beta」を見つけたらインストール。

ここまでは通常のアプリをダウンロード・インストールする方法と全く変わりありません。

インストールが完了したら検索窓で起動したいWindowsのソフトを検索します。

「インストール」ボタンを押したらインストーラーファイルを選択して、インストールを開始。
Windowsでソフトをインストールする際と同じ画面が表示されるので、手順に沿って続けていきます。
インストールが完了後、「Crossover on Chrome OS Beta」上でWindowsのデスクトップが表示され、インストールしたファイルも利用できるようになっています。

「Crossover(クロスオーバー)」でソフト名が表示されない場合は?

Crossover on Chrome OS Beta」の検索窓では、どんなソフトの名前でも表示されるのかというと答えは「ノー」です。

不明なアプリケーション(unknown application)として結果が表示されるソフトもあるため、Windowsソフトが検出される場合と同様に手順を進めていき、下の画像のようにインストールファイルを選択してインストールします。

「Crossover(クロスオーバー)」ではどんなソフトでも使えるのか?

Crossover on Chrome OS Beta」上では、exe.のようなインストーラーがあればどんなWindowsソフトも使えるようになるのか?

これの答えについても「ノー」です。

簡単に説明すると複雑な辞書ソフトなどの場合、システム上認識できないためソフトウェアが正常に動かなかったり起動しなかったりします。

また、インストーラーでインストールする時点で「インストールできません」などといった文言が表示される場合もあります。

また、使用しているChromebook(クロームブック)のスペック(仕様)が、そのソフトウェアを動かすのに十分でない場合もうまく機能しません。

私が今のところインストールを試みたものでは、50%くらいがうまく起動しているかなといった感じでした。

MacやLinuxでも「Crossover(クロスオーバー)」が使用可能

Chromebook(クロームブック)だけでなく、MacやLinuxでも「Crossover(クロスオーバー)」が使用できます。

いずれも14日間の無料体験版となりますが、Windowsのパソコンがなくてもよくなるので、非常に便利です。

・Mac用 ⇒ https://www.codeweavers.com/products/crossover-mac/download
・Linux用 ⇒ https://www.codeweavers.com/products/crossover-linux/download

「Crossover on Chrome OS Beta」と同様、「Crossover(クロスオーバー)」に直接Windowsアプリケーションをインストールすることができて起動するので、Windows OSを準備する必要がありません。

なので最初に記述した通り、誰でもインストールするだけで簡単にWindows(ソフト)が使えるようになります。

最後に

このようにChromebook(クロームブック)ではAndroidアプリが使えるほか、「Crossover on Chrome OS Beta」を使うことでWindowsも使えてしまいます。

そのため仕事内容にもよりますが、外出時やカフェ、コワーキングスペースで作業する場合でもChromebook(クロームブック)1台あれば十分です。

また、海外に行く場合でも複数のパソコンを持っていく必要がなくなるため、とっても身軽になります。

因みにMac上でWindowsの起動・アプリケーションの使用ができるサービス【Parallels】というものがあり、こちらも使いやすく使用できるツールも多くあるため、「Crossover(クロスオーバー)」よりもワンランク上のものを探している人にはおすすめです。

また、Chromebookでは無料でLinuxのインストールができるようになっているので、Linuxアプリやソフトウェアを使うことでWindowsやMacの代わりにもなるので、是非インストールしてみてください。

ChromebookにLinux(ベータ版)をインストールする方法
ChromebookはAndroidアプリも使えますし、Windowsのリモートデスクトップも利用できますので、1台で色々な要望に応えてくれます。 今なら「仕事でも使えますよ」と自信を持って言えます。 更にLinux(ベータ版)も使えるようになっていたので、今回はインストールの方法やLinux対応機種も紹介します。

それでは、À bientôt!!!

 

SNSでシェアする
タイトルとURLをコピーしました