Amazon Global(アマゾングローバル)で海外にいながら日本の商品を簡単に購入!

Blog

Bonjourこんにちは!
Passing Note(パッシングノート)のWataruです。

海外にいたりすると、日本の商品が無性に欲しくなりますよね!

でもその国の首都などにいないと、日本の商品を扱っているお店も少ないはずです。

今回は私の経験も交えて、日本の商品を海外にいながら簡単に購入できる「Amazon Global(アマゾングローバル」をサクッと紹介していきます。

利用方法や海外配送料無料キャンペーンなどの詳しい解説は、以下の記事で画像付きで解説しています。↓

【利用方法を徹底解説】Amazon海外配送ならアマゾングローバル!
アマゾングローバルでは海外配送料や各種手数料などはかかるのですが、本に関してはAmazon海外配送料が無料になるキャンペーンも期間限定で行うときがあるので、お得に日本の書籍が海外にいながら入手できます。 今回はアマゾングローバルの基本的な利用方法から、Amazon海外配送無料時のクーポン利用方法を解説していきます。

もちろん、日本にいながら海外の商品も購入できますよ。

きっかけは移住した日にパソコンが壊れたこと(泣)キーボードが違う!?

はい、フランスに移住したその日からパソコンが壊れたのです・・。

何が問題かと言うと、フランスのキーボードと日本のキーボードに大きな違いがあって、使いづらかったので日本のパソコンを探すことになりました。

でも、フランスに日本のパソコンはもちろんないのです(泣)

それでなんとかならないか、解決策を探していたときに、日本のAmazon(アマゾン)が取り扱う商品を海外に発送する「Amazon Global」に行き着きました!

Amazon Globalでの商品の購入方法 誰でも簡単に利用可能!

Amazon Globalの利用方法は簡単で、まずAmazon.co.jpにアクセスします。

そのページの一番下までスクロールするとAmazon Globalという項目があるので、そこをクリックします。

そうすると、Amazon Global Japanのページになりますので、このページの検索窓がAmazon Globalになっていることを確認して、探している商品の名前を打ち込んで検索していきます。

Amazon.co.jpで取り扱っている商品が全て購入できるわけではありませんが、大体のものはここで揃ってしまいます 🙂

商品を見つけたら、いつもAmazonで買い物をするようにカートへ追加していきます。

最後に支払い方法や届け先住所を設定し、最終の支払い金額を確認。

あなたがいる国のクレジットカードでも支払いが可能です。

ユーロ建ての銀行口座から、円をユーロ換算して引き落としされるわけですね。

通常のAmazonとの違いは何? 輸入税等前払金などが上乗せされる

最後の「ご請求額」を見て、「ん?」となった方がいると思います。

そうなんです、このように海外に発送する際の手数料などが予め上乗せされて請求されるわけなんですね。

このことについてAmazonは下記のように説明しています。↓

輸入税等の算出
AmazonGlobalの製品を対象国に配送する際、海外へ配送される商品に輸入税等が発生する場合は、見積額をお客様にご請求します。見積額をお支払いいただくと、配送業者や他の業者がこの代金を使用してお客様の代理(または受取人様の代理)として、配送国の適切な機関に輸入税等を支払います(輸入税等前払金)。輸入税等のお支払いは、商品を海外から持ち込む方の責任であり、商品の配送先の国の法律に基づいて徴収されます。

出典元:Amazon.co.jp ヘルプ:輸入税等前払金について

海外配送業者や転送業者などとの違いは??

他のECサイトや海外配送業者・転送業者などもありますが、どう違うかと言うと、上記の輸入税等前払金が大きな違いになります。

日本にいる家族に郵便で海外に送ってもらう場合も同じですが、内容品が高額だったり、高い輸入税が掛かる商品などが入っていたりすると、家に届いてその場で徴収なんてこともあるそうです。

「郵便物自体の金額」と「送料」を足した合計額よりも、高い税金が課せられたという話も知り合いや友人から聞いたことがあります。

こういった背景から輸入税等前払金が掛かる分、安心して商品を注文できますね 😉

これがないと、上記にある「商品の配送先の国の法律」を調べて、輸入税等が幾ら掛かってしまうのかなど把握しなければならないのです。

関税などについてはこちらの記事で紹介していますので是非チェックしてみてください。↓

フランスで国際郵便を受け取る際の輸入関税はいくら?徹底解説!
国際郵便やECサイトでものを送ってもらうと、内容物の種類やその金額によって関税や輸入税がかかると言われています。今回は、フランス及び日本の郵便局・税関などに問い合わせて得られた情報などから、フランス(海外)で国際郵便を受け取る際の輸入関税・付加価値税の仕組みについて、可能な限り分かりやすく徹底解説していきます。

こういった手間が軽減される点でも、Amazon Globalを利用するメリットがあると言えます。

とは言っても中には輸入税等前払金が徴収されない商品や出品元もあるようなので、注文する際はご自身で税金のことなど確認しながら注文してくださいね!

海外のAmazon Globalから日本への発送も可能!

結局パソコンはどうなったかと言うと、Amazon Globalには私に適したものがなかったため、キーボードが似ているアメリカのAmazon Globalで注文し、フランスへ発送していただきました。

アメリカのAmazonホームページからAmazon Globalにアクセスするだけ。先述の方法と全く同じです。

ここでお気づきの方も多いかと思いますが、もちろん日本にいながら世界各国のAmazon Globalで注文し、日本への発送もしてもらえます!

日本では見つけづらい洋書やモバイル端末など、様々なものが見つけられるほか、外国為替レートによっては、日本で購入するよりも安価で手に入るかも?です!

最後に

今回アメリカのAmazon Globalで注文したのは、日本ではあまり馴染みのない「Chromebook(クロームブック)」というChrome OS搭載のラップトップPCです。

そのスペックや性能、他のOSとの違いなど、またの機会に紹介していきたいと思いますので、興味のある方は是非ご覧になって下さい。

この記事の続編は↓をチェックしてみてください!

Amazon Global(アマゾングローバル)と他の配送サイトを比較!メリットとデメリットを紹介
海外在住者は「Amazon Global(アマゾングローバル)」で買い物すべし!と書きましたが、他にも「楽天グローバルエクスプレス」や「Zen Market(ゼンマーケット)」など、色々な海外配送サイトがあったので利用してみました。 今回は、3つのサイトを比較し、メリット、デメリットをまとめました!
世界各国のAmazon Globalを使おう!日本より安い場合も!
フランス⇔アメリカや、フランス⇔中国、などなど、色々な国の「Amazon Global(アマゾングローバル)」が使えると分かり、実際に使ってみました。どんなメリットがあるのかまとめましたので、是非参考にしてみてください!生活の質も、時間の使い方もグッと改善されますよ!

日本の本であればKindle Paperwhiteがあれば、海外にいてもいつでもどこでも購入して読めちゃいます。↓

海外に行くなら本はKindle Paperwhiteがおすすめ!
何度も海外に行ってみて思ったことは、不意に日本の小説・漫画・雑誌などを読みたいと思っても日本の本屋さんは現地にないため、購入することが不可能だということです。 Amazon(アマゾン)の「Kindle Paperwhite(キンドル ペーパーホワイト)」について、なぜおすすめなのか?活用場面などについて紹介します。

それでは、À bientôt!!!

 

SNSでシェアする
タイトルとURLをコピーしました